北九州市にバイオマス燃料貯蔵基地建設

エネルギー資源開発(東京都千代田区)が、10月6日、福岡県北九州市に国内最大級のバイオマス燃料の集配及び貯蔵基地を建設し、運用する計画を発表した。

運用開始は2017年を予定している。

年 間最大取扱量は200万トン。バイオマス燃料貯蔵施設としては国内最大級の規模となる。

バイオマス燃料は、北米やアジアから調達する間伐材・農作物残 渣を原料とし、貯蔵、保管。

燃料は、SOL Holdings(東京都品川区)や海外企業から調達する形。これらの燃料は、バイオマス火力発電所、石炭火力発電所など複数の供給先が考えられている。

発電所には、安定した燃料の供給が欠かせないだけに、本計画と既存・新規発電所のマッチングが注目される。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。