RECOTECHコラム「日本における焼却炉の役割」

世界中にあるごみを燃やすための焼却炉うち7割が日本国内にあり、もちろん年間の焼却量も世界一位。「もったいない」、資源循環大国といったイメージの日本からするとやや違和感がります。

 しかしながら他の先進国は埋め立てを主にしていることから、国土の狭い日本において高度経済成長と公衆衛生を守り発展させるために焼却炉は大きな役割を果たしたと言って良いでしょう。私たちの生活は焼却炉技術の発展と普及から大きな恩恵を受けてきたと思っています。

 但し、高額なイニシャルコストとランニングコストを考えると、大規模な焼却炉を主体としたごみ処理システムは人口増と経済成長を前提としたシステムです。現在の日本の人口減、経済縮小などの状況からすると、焼却という処理方法そのものの見直し、もしくは資源循環をさらに推進した上で焼却規模の適正化が急務ではないでしょか?私は焼却炉が主体的な役割から資源循環を補完する役割に変わるべきだと考えています。

 実際に地方自治体では焼却炉の更新の時期がきても同規模の設備を導入する計画も予算もないところが多いのではないかと思います。一方で、大手焼却炉メーカーはこれまで培った世界に誇る技術力と経験で経済成長をするアジア諸国へ攻勢を進めています。メーカーとしては当然の動きでしょう。アジア諸国側も喫緊の課題であるごみ処理の解決策として積極的に検討を進めています。しかし、大規模な焼却炉は一度作れば安定稼働させることが目的化し3Rの活動を停滞させることもありえます。また導入方法を間違えば経済が停滞し人口が減少したときに大きな重荷となる可能性があります。

 日本の過去と現在、未来を十分検証し、適正なごみ処理のソリューションと資源循環技術を導入し「日本の知恵」に学んでよかったと真に思ってもらえることを願います。また私たちはその一翼を担えるべく努力したいと思ってます。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。