中部電力 三重県にグループ初のバイオマス発電所建設

発電所は2015年2月に着工、2016年6月に運転開始予定。建設予定地の多気クリスタルタウン工業ゾーンは液晶(クリスタル)産業を中心とした工業・商業の集積地で、中電プラントサービスは2013年9月に木質バイオマス発電所の建設用地として多気町に立地を申し込んでいた。

多気町を含め、三重県の面積の3分の2を森林が占める。木質バイオマス発電所の建設により、県内で大量に放置されている間伐材を利用し林業振興に生かす。燃料となる木質チップは年間約6.5万トンを利用する計画だ。

 中部電力グループは再生可能エネルギーのうち太陽光・風力・小水力発電に取り組んできた。バイオマス発電は愛知県の「碧南(へきなん)火力発電所」で、石炭に木質と下水汚泥を混焼させる方式を採用しているが、バイオマスを100%利用する発電所は今回が初めてのケースとなる。

建設予定地の概略位置図(三重県多気町)

建設予定地の概略位置図(三重県多気町)


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。