【お知らせ】当社社員がLCAエキスパートの資格を取得しました。

この度、当社社員がLCAエキスパート検定試験に合格致しました。

LCA(ライフサイクルアセスメント)は、製品のライフサイクルにおける投入資源、環境負荷及びそれらによる地球や生態系への環境影響を定量的に評価する方法として、また事業者間、消費者向けなど外部への情報開示ツールとして海外も含めて急速にその活用の途が拡大してきています。特に欧州環境フットプリントや米国のScope3など、LCAを活用した環境情報開示に関する動向が目まぐるしい状況です。

このような状況下で、LCA実施者がその専門性、技量等において一定の力量を有しているかどうかを評価し、LCA実務者として認定することを目的に、日本LCA学会と一般社団法人産業環境管理協会の共催でLCAエキスパート検定試験を実施しています。

LCAエキスパートの資格を取得することで、企業内部における製品フロー全体にわたっての知見と定量的な環境負荷情報の把握により、全社的な環境経営計画の策定や評価分析、環境負荷低減の提案も可能です。
特に、我が国おいては環境省や経産省などの補助金申請の際に提出が求められる「CO2排出量の算出」において、当資格取得者が試算することにより試算の正確性やその信頼性の向上が期待できます。

企業内のLCA算出や申請書作成等でご要望があればお気軽にご相談ください。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。