NASA、廃棄物をロケット燃料に!

フロリダ大学は、米航空宇宙局(NASA)の要請で、廃棄物をロケット燃料に変換する技術の研究開発に着手、宇宙飛行中に発生する廃棄物から燃料を製造する技術の開発に成功した。

2006年、NASAは、月面ベースの目標の一環として、2019年から2024年の間、月面上に滞在し施設を作る計画を立てた。これまで、宇宙飛行中に発生する廃棄物は、地球に戻る時の大気圏突入の際に燃やすため、コンテナに格納されていた。しかし、宇宙滞在が長期になれば、全ての廃棄物を持ち帰ることは困難だ。

NASAは、フロリダ大学と解決策の共同研究開発について契約を結び、農業と生物工学を専門とするPratap Pullammanappallil准教授と、当時、大学院生であったAbhishek Dhoble氏が研究開発にあたった。彼らは、食べ残しや食品包装物、人の排泄物からロケット燃料に使用するメタンを生成する方法を研究。廃棄物中の有機物を分解し、メタンと二酸化炭素を生成、バイオガスに合成する嫌気性消化プロセスを設計。月から地球へ戻るために必要な燃料の製造に成功した。

同プロセスではバイオガスと同時に非飲用水も生産できる。それらの水を電気分解することで水素と酸素を作り出し、酸素は、宇宙飛行士に供給することが可能だ。

嫌気性消化層とフロリダ大学のPratap Pullammanappallil准教授

嫌気性消化層とフロリダ大学のPratap Pullammanappallil准教授


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。