リサイクルPET樹脂の製造に向けて日本環境設計がアサヒ飲料と融資契約-2021年夏からケミカルリサイクルの実現へ

日本環境設計株式会社では独自のBRING TechnologyTMによってペットボトルの完全循環に向けた取り組みを進めてきた。本技術はPET製造の中間体を選択的に抽出することによって高い品質のPET樹脂を製造できるのが特徴である。リサイクルを繰り返していると不純物が多くなりがちだが、ケミカルリサイクル技術によって課題を克服し、何度も資源として再生できるようになっている。この技術を生かすため、同社はアサヒ飲料株式会社と融資契約を締結した。
アサヒ飲料では社会的責任を果たしていく上でペットボトルの水平リサイクルへの取り組みを重要課題として掲げている。同社では容器包装2030で定めたプラスチック製容器包装全重量の60%にリサイクルPETや植物由来の環境配慮素材などを使用する目標を達成するための投資として位置付けている。
日本環境設計の子会社であるペットリファインテクノロジー株式会社では10年以上にわたってケミカルリサイクルによるリサイクルPET樹脂の製造と共有を担ってきた。同社ではその再生樹脂製造工場を2021年夏に再稼働することを決定し、年間22000トンの商用生産を開始する方針を立てた。これによってペットボトルの完全循環の取り組みを推進し、石油使用量の削減や温室効果ガスの排出抑制に貢献していく。

【引用元】

日本環境設計はアサヒ飲料と融資契約を締結し、子会社であるPRTにおいて2021年夏にケミカルリサイクルによるリサイクルPET樹脂の製造を開始します

※本記事に掲載している写真と本文は関係がありません


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。