熱硬化性プラスチックのリサイクル技術をMITが新開発

熱硬化性プラスチックは再形成するのが難しくリサイクルに向かないことが知られている。しかし、自動車や電化製品などで耐熱性と耐久性が求められる箇所では欠かせないプラスチックとして使用されている状況がある。そのリサイクル技術を米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が開発し、Nature誌で2020年7月22日に発表された。MITの研究者らは2019年に発表した先行研究の方法を応用し、シリルエーテル基を持つモノマーを組み込んだ分解性ポリマーを作成し、酸や塩基、フッ化物イオンなどによる分解を可能にする方法を採用した。このポリマー合成法はポリジシクロペンタジエンなどの熱硬化性プラスチックの製造に用いられているもので、シリルエーテルモノマーを7.5~10%加えることで強度を維持しながら分解性を獲得させることを見出している。フッ化物イオンによる可溶性粉末への分解後、再利用によるポリジシクロペンタジエンの作成にも成功し、その品質についても元の材料と同等という評価をしている。本技術は他の種類の分解性モノマーに応用し、分解性のある材料開発にもつなげられる可能性がある。MITの研究者らは商用化のために会社を設立することも検討している。SDGsの達成にも貢献できる事業となることから注目度が高く、部品製造業などでの応用が期待されている。

【引用元】

MIT、熱硬化性プラスチックをリサイクルする新たな方法を開発

※本記事に掲載している写真と本文は関係がありません


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。