岡山大、バイオガスを燃料とする固体酸化物燃料電池でLED点灯

岡山大学大学院環境生命科学研究科の三宅通博教授、岡山県農林水産総合センター畜産研究所の白石誠専門研究員らの共同研究グループは、豚糞尿由来のバイオガスを燃料とする固体酸化物燃料電池(SOFC)で、バイオガスからの炭素析出を抑制できる触媒の組成を決定し、作動温度600℃でLED電球の点灯に成功した。

同研究グループは、5年前から豚糞尿由来のバイオガスの高効率利用(利用効率50 %以上)を目指し、バイオガスを燃料とする中温作動型SOFCの開発研究を行ってきた。

研究概要

研究概要

バイオガスを燃料とするSOFCの開発では、SOFCの作動温度の低温化が望まれるが、バイオガスからの炭素析出が大きな障害となっていた。今回の開発研究では、炭素析出を抑制できる触媒の組成を決定し、バイオガスを効率よく利用するための改質装置とSOFC発電性能評価装置で評価した。改質バイオガスを燃料として単セルの発電試験を行った結果、バイオガスを直接燃料として利用した先行研究の作動温度より約200℃低い600℃でのLED電球点灯に成功。約4時間の発電で、炭素析出は殆ど見られなかった。

研究内容

研究内容

研究の結果、炭素析出を抑制することで、バイオガスを燃料とする中温作動型SOFCの実現が可能であることが分かった。長時間運転による触媒性能や発電性能の経時変化に基づき、触媒や燃料極を改良することで、バイオガスを燃料とする中温作動型SOFCの実現に更に近づくことが期待される。

岡山大学では、「こうした電源の実現が、分散型電源の構築に寄与し、再生可能エネルギー源の高効率利用が期待される」としている。

研究結果

研究結果


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。