国内初の複合バイオマス発電PFI事業

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、狩野久宣社長)を代表とする特別目的会社「株式会社豊橋バイオウィル」は、豊橋市より「バイオマス資源利活用施設整備・運営事業」を受注した。 
建設する施設は、これまで別々に処理していた下水汚泥、し尿・浄化槽汚泥、生ごみを一箇所にまとめてメタン発酵処理し、生成するバイオガスを燃料として発電するもので、国内初のプロジェクトとなる。複合処理をすることで、別々の施設で処理する場合に比べ、建設、維持管理・運営にかかるコストを低減し、これまで回収していなかった廃棄物エネルギーの有効活用も図る。また、メタン発酵に伴い発生する残渣も炭化して燃料化を行い、完全エネルギー化をめざす。 
同事業はPFI事業(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ:公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法)として発注されており、豊橋バイオウィルは建設資金をプロジェクトファイナンスによって調達し、20年間にわたる施設の維持管理・運営を行う。また、発電した電力はFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を活用して販売する。

JFEエンジニアリングは、これまで、国内最大の生ごみによるバイオガス発電プラントや数多くの下水汚泥処理発電プラントの設計・建設を行ってきた。自社製高効率ガスエンジンや独自ノウハウであるメタンガスからのシロキサン除去装置、脱硫装置、生ごみ受入前処理設備の複数系列化などが高く評価され、同事業の受注に至った。

複合処理施設は、今後、全国の自治体で普及していくとみられており、JFEエンジニアリングでは、今回のプラントを先進モデルとして各自治体に積極的に提案していく方針だ。
また、急激な都市化が進み、電源不足に加え下水汚泥や生ごみの処理が課題となっている東南アジア等へも積極的に展開していく予定。

処理フロー
処理フロー

完成施設予想図
完成施設予想図


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。