滋賀県米原市でバイオマス発電所が運転開始

木質廃棄物のリサイクル事業を行うヤマ厶ログループの木質バイオマス発電事業会社「いぶきグリーンエナジー」(滋賀県米原市、山室智司社長)のバイオマス発電所が営業運転を始めた。

ヤマムログループでは、多年に亘り、木質廃棄物のリサイクル事業を進めてきた。その経験を活かし、二酸化炭素の排出削減に貢献しながら、エネルギー供給と木材のリサイクルを両立できる再生可能エネルギーの普及をめざしている。

今回、運転を開始した施設では、木屑リサイクルプラントで製造した木質燃料チップを、木質バイオマスボイラ燃料に使用し、直接燃焼により蒸気を発生させ、蒸気タービンで電力(約3,550kW)を発電する。発電した電力は、発電所内電力へ使用以外は電気事業者へ売電を行う。

年間で約330日、1日24時間稼働し、年間最大発電量は、28116MWhを想定。使用する木材燃料チップは、約140t/日となる予定だ。

バイオマス発電所プラントフロー
発電フロー


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。