英・科学者チーム 尿で発電する発電トイレを開発

世界三大通信社のひとつ、フランス通信社(L’Agence France-Presse:AFP)のニュースを配信するAFPBB Newsによると、英国の科学者チームが5日、尿のなかにあるエネルギーを解放して発電するトイレを開発したと発表。難民キャンプなどの遠隔地の照明への利用が期待されている。

 西イングランド大学(University of the West of England)と国際支援NGOオックスファム(Oxfam)の共同研究チームが開発した発電トイレの試作品は、現在、同大学のキャンパス内に設置されている。安定した電力源となることが確認できれば、難民キャンプなどの施設で、電気と照明をコンスタントに提供できるようになるのではと期待されている。

 同NGOの水・公衆衛生部門を統括するアンディ・バスタブル(Andy Bastable)氏は、「電力源から遠く離れ、隔絶した地域に照明をもたらすことは常に大きな問題となっている」と指摘し、「この技術は非常に大きな前進。難民キャンプでの暮らしは楽ではない。夜間に暗い場所で暴行を受ける危険性もある。この発明の可能性は非常に大きい」と付け加えた。

 研究チームを率いるイオアニス・イエロプロス(Ioannis Ieropoulos)氏によると、装置1台を製作・設置して「永続的な」電力源を提供するためにかかる費用は、最終的に600ポンド(約11万円)前後になる可能性があるという。

 この装置の燃料電池には、尿に含まれる化学物質を分解するバクテリアが使われており、分解過程で放出されたエネルギー(電気)は、電池内のコンデンサーに蓄えられる。この微生物燃料電池(MFC)は、自身の成長と生命維持のために尿を餌とする生きた細菌を用いることで機能する。イエロプロス氏は、「化石燃料を使わなくてもよい上、豊富な供給が見込める廃棄物を有効に利用する、ほぼこれ以上ないほど環境に優しい技術」と述べた。

 この「尿発電」プロジェクトは、米マイクロソフト(Microsoft)創業者ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏夫妻の慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金供与を受けている。

尿で発電する発電トイレを開発


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。