アミタ 南三陸町でバイオガスプラントの起工式

 環境戦略支援サービスなどを提供するアミタ(本社:東京都千代田区、熊野英介代表)は、2014年7月1日に宮城県南三陸町と調印した「バイオガス事業実施計画書」の実施に向け、2015年3月25日、南三陸バイオガスプラント建設工事の起工式を行った。

 南三陸町は2014年3月に「バイオマス産業都市」に認定され、バイオマス産業都市構想の具現化に向け、バイオガス事業実施に関する提案を公募。事業主体の候補者として、アミタが選ばれた。

 町の構想では、住宅や店舗から排出される生ごみやし尿汚泥など、有機系廃棄物を発酵処理し、バイオガスと液体肥料を生成。バイオガスは発電に用いるなど施設内で利用し、液体肥料は農地に散布する。

 施設の処理能力は10.5t/日、発電量は年間21.9万KWh、液体肥料生産量は年間4,500tを予定。事業への投資額は4億円。委託期間は2015年より15年間で、想定収入額は7,000~8,000万円/年を見込んでいる。

 3月25日に行われた起工式には南三陸町環境対策課をはじめ、設計・施工に関わる関係者らが出席し、安全祈願などを行った。

 アミタグループでは、東日本大震災以降、宮城県三陸町の震災復興に本業で貢献するため、持続可能な包括的資源、環システムの地域デザインを同町と共に実施している。現在では日本国内でのノウハウを活用してパラオ・ベトナム(カットバ島)などでも地域の包括的資源循環システム構築のための調査を実施している。

1


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。