エナリス 大分県佐伯市との再エネ事業を中止

 エネルギーマネジメントや電力流通情報等のサービスを提供するエナリス(本社:東京都千代田区、村上憲郎社長)は、4月22日、大分県佐伯市との森林未使用材バイオマス発電事業を軸とした再生可能エネルギー事業を中止すると発表した。

 同社は平成26年7月に佐伯市と再生可能エネルギー事業に関する提携を結び、基本方針を決定したが、その後、不適切な会計処理が発覚。経営的、財政的環境が変化したことから、同事業の中止を決定した。

 中止となる事業は、発電規模2,500kWのボイラータービン方式によるバイオマス発電事業、佐伯市内の森林間伐材や林地残材等の森林未利用材、市内の製材工場から排出される製材端材をチップ化する、チップ製造事業、発電過程で発生する蒸気の冷却水を利用して行う、ウナギの養殖事業だ。

 同社では、同事業の中止が今期の業績に与える影響はないとしている。


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。