原町火力発電所 木質バイオマス燃料導入の試運転開始

東北電力(本店:仙台市青葉区、海輪誠社長)は、4月21日、福島県南相馬市にある原町火力発電所の木質バイオマス燃料導入の試運転を開始したと発表した。

東北電力は、低炭素社会の実現をはじめとする地球環境問題への取り組みの一環として、原町火力発電所(発電出力:100万kW×2基)への木質バイオマス燃料(木材チップ)導入に向け、平成26年4月から設備工事を進めていた。

今回、設備工事ならびに必要な手続き等が完了し、試運用を開始した。今後、試運用時の設備状況を見極めながら、段階的に木質バイオマス燃料の混焼率を増加させる予定だ。

 原町火力発電所のバイオマス燃料年間使用量は約6万トンを見込み、燃料については、福島県内(将来的には宮城県内も予定)の未利用材を原料とした木質バイオマス燃料を、安全かつ安定的に調達・消費する。これにより、地域における森林資源の有効活用の促進、森林環境の保全を図り、地域林業の活性化にも貢献する。

01


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。