極東開発工業 バイオガスプラント事業へ参入

 特装車事業、環境事業、パーキング事業等を手がける極東開発工業(本社:兵庫県西宮市、髙橋和也社長)は5月25日、バイオガスプラント事業等を手がけるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド(香港、日本本社:東京都港区(以下、コーンズ社))と技術提携を行い、バイオガスプラント事業へ参入すると発表した。

 バイオガスプラントより発生する「バイオガス」は、同じバイオ燃料であるバイオエタノールに比べエネルギー回収率の高い燃料と言われ、化石燃料に代わるクリーンエネルギーとして世界的に建設が進んでいる。同社では、処理費用のかかるバイオマス資源からクリーンエネルギーを生み出すシステムとして今後の発展が期待されるとして、今回の技術提携に踏み切った。

 コーンズ社は平成27年3月末時点で国内40プラントのバイオガス納入実績を有している。極東開発工業は、今後、コーンズとの技術提携により、バイオガスプラントの拡販に注力していく。

バイオガスプラント(コーンズ社納入・宮崎県高千穂牧場)
b1

バイオガスプラントフロー図
b2


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。