バイオ燃料用微細藻類 屋外大規模培養に成功

 IHI(斎藤保社長)、神戸大学(武田廣学長)、ちとせ研究所(藤田朋宏代表取締役CEO)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業」において、バイオ燃料用微細藻類(ボツリオコッカス)の屋外大規模培養に成功。5月21日、その成果を公開した。

 同委託事業は2012年度に開始した。高速増殖型ボツリオコッカスは石油代替となる炭化水素油を生産し、増殖性が高いという点に特徴がある。同委託事業では、藻体径の増大、浮上性の向上といった事業化での製造コスト削減に資する有用形質を集約した新株の育種に成功、2013年度には100㎡規模での屋外安定培養技術を確立した。

 今回の成果としては、鹿児島市七ツ島の屋外1,500㎡の培養池を有する試験設備で、栄養となる糖類を添加せず、光合成のみで藻体を安定的に増殖することに成功。1,500㎡スケールでの成功は、事業化に向け大きな前進となる。現在は、課題抽出を含めた通年での安定的な藻体量産技術の更なる向上等を目指し、試験を継続中だ。

 同委託事業では、海外での事業展開を想定し、事業実施場所の選定を並行して進めている。今回の大量培養技術を適用し、さらなる試験を進めていく。また、燃料コスト低減に向けたプロセス全体の改良も行う。

屋外の培養地 1500㎡
b2

藻と藻から染み出している油の様子
b3


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。