日本製紙 八代工場にバイオマス発電所竣工

日本製紙株式会社(本社:東京都千代田区、馬城文雄社長)は、熊本県八代市にある八代工場の敷地内に、バイオマス発電設備を建設、5月27日、竣工式を行った。

同発電設備は、燃料に間伐材等由来の未利用材を100%使用。発電規模は5千キロワットで6月より発電開始、発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」を活用し、九州電力に販売する。

燃料として使用する未利用材は年間約7万トンを見込む。森林資源の豊富な九州という立地を生かし、同社グループで長年木材調達を行ってきている南栄(本社:熊本県八代市、濱多達朗社長)、および日本製紙木材(本社:東京都千代田区、岩渕正廣社長)の集荷網を活用し、九州で発生する間伐材等を利用する。

同社では、木とともに未来を拓く総合バイオマス企業として、人々の暮らしを支える事業の展開に力を入れている。今回の八代工場におけるバイオマス発電事業では、これまで製紙事業で培ってきた発電技術、山林経営と木材調達に関するノウハウなどの強みを生かす。

b1


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。