島根県で木質バイオマス発電所 竣工

 豊田通商のグループ会社であるエネ・ビジョン(本社:名古屋市、森田孝社長)は、6月3日、島根県江津市で建設を進めていた「江津バイオマス発電所」の竣工式を行った。

 江津バイオマス発電所は、同社が2013年6月に合同会社しまね森林発電を設立し、建設を開始した。総事業費約50億円。発電出力12.7MW、年間発生電力量は約86,000MWh(一般家庭約23,000世帯分の年間消費電力量に相当)で、木質バイオマス発電所としては国内最大級となる。発電所は島根県江津市の江津拠点工業団地内にあり、運転開始は7月1日を予定している。

 エネ・ビジョンは、コージェネレーション設備、省エネルギー設備の提案、設計、施工、メンテナンスなどを行う、愛知県名古屋市の企業。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。