微細藻類バイオマス利用シンポジウム 開催

 農林水産省は、中央大学研究機構との共催で、9月3日、中央大学後楽園キャンパスで、「微細藻類バイオマス利用シンポジウム」を開催する。

 中央大学理工学部教授原山重明を中心とした中央大学研究開発機構研究ユニットは、日本国内の企業・大学とコンソーシアムを形成し、農林水産省の委託事業「地域資源を活用した再生可能エネルギーの生産・利用のためのプロジェクト/微細藻類を利用した石油代替燃料等の製造技術の開発」を平成24年度より実施している。

今回、同委託事業の成果報告の一環として、研究成果の口頭発表と微細藻類の産業利用をめざし、先進的な研究開発を実施している企業3社(株式会社IHI、電源開発株式会社、株式会社ユーグレナ)による特別講演を行う。

また、同じ建物にて、クラミドモナス研究会との合同ポスターセッションも併催。微細藻類のバイオマス利用に関わる研究者間の交流を図る。

情報元:
農林水産技術会議/「微細藻類バイオマス利用シンポジウム」の開催び参加者の募集について


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。