環境省 CO2削減プロジェクト 木質バイオマス活用など新たに2件を採択

 環境省は「平成27年度大規模CO2削減ポテンシャル調査・対策提案委託業務」の2次公募を行い、新たに2件を採択した。

 同事業は、複数の工場・事業場等の相互連携により大規模なCO2削減効果が見込まれる分野として、工業団地及び業務ビル区画が対象。2次公募の期間中5件の応募があり、厳正な審査のうえ、2件を委託契約候補者として採択した。

 採択されたのは、以下の2件。

★ランドブレイン(東京都港区)
 調査対象:中城湾新港地区工業団地(沖縄県うるま市)
 中城湾新港地区工業団地は、製造業、流通・卸売業、情報・サービス業等幅広い業態の企業が集積し、電力・熱需要などエネルギー消費が高い工場が多く立地している。うるま市では当該工業団地内の未利用地の企業立地促進に取り組んでおり、今後はエネルギー使用量の増加に伴うCO2排出量の増加が見込まれる。

 今回の業務では①工業団地内の熱需要に対し、団地内のメーカーが生産する木質ペレット燃料により熱供給を行う、②既存熱源機関に対し、A重油や灯油等の利用から、CO2排出量の少ないLNG利用へ転換する、③LNGの再ガス化で発生する冷熱や再生可能エネルギー等を活用する、といった提案を行う。

★エヌ・ティー・ティージーピー・エコ(東京都港区)
 調査対象:久喜菖蒲工業団地(埼玉県久喜市)
 久喜菖蒲工業団地は、化学・電気・精密機器メーカー等多様な業態の中小企業が集積している。工場設備やインフラ設備は老朽化に伴い更新時期を超過しているが、経営環境が厳しく更新が進まない設備も多くある。

 今回の業務では、①各企業の個別老朽受電設備に対して共同受電化を行う、②既存変圧器を高効率変圧器に更新することで変圧器損失を削減する、③工業団地内の井戸水や排温水等の未利用熱をヒートポンプ導入により共同熱源化を行い、ボイラや給湯のアシストとしての活用する、といった提案を行う。

参考元:
環境省_平成27年度大規模CO2削減ポテンシャル調査・対策提案委託業務に係る公募(第2次公募)の採択結果について(お知らせ)


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。