九州木の駅サミット開催

 九州薪・木質ペレット活用協議会と兄弟木の駅会議は、9月28日、熊本県庁で「九州木の駅サミット」を開催する。

 「木の駅」とは、地域になる間伐材等の有効活用されていない森林資源を、農家が野菜を道の駅に出荷するのと同じように、山林所有者や森林ボランティアが「木の駅」に出荷し、地域通貨を対価として得ることで、森づくりと地域活性化と地球温暖化防止を目指す取り組み。すでに日本各地で「木の駅プロジェクト」がスタートしており、九州内でも取り組みが始まっている。熊本県でも同プロジェクトへの支援を開始したことで、県内各地で「木の駅」が誕生している。

 今回のサミットでは、全国の木の駅プロジェクトに関わっているNPO法人地域再生機構の丹羽健司氏が講演。「木の駅プロジェクト」を九州で実践している団体からの事例報告、情報交換等も行い、成果と課題を共有する。参加費は無料。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。