木質ペレットが猫用トイレに!

木質バイオマス火力発電のコンサルティング・燃料製造・販売事業を手がけるBPC(本社:東京都中央区、柿沼孝明代表)が、ペットの猫用トイレタリー用品の製造・販売を新規事業として展開。第一弾として、システムトイレ用猫砂「BPC PelleCat(ペレキャット)」を2016年3月31日(木)に発売した。
 BPCは、これまで木質バイオマス火力発電事業のコンサルティングやそれに関わる燃料の生産・輸入・販売を行っており、日本国内における林業再活性化・循環型社会への貢献を目指してきた。日常生活においてなかなか目にする事のない、多くの可能性を秘めた“ウッドペレット”を、より多くの人の手に取ってもらおうと、ペット愛好者には身近な猫砂として「BPCペレキャット」の販売に踏み切った。
 「BPCペレキャット」はシステムトイレ専用猫砂であるが、実際は「砂」ではなく、おが屑を圧縮して出来たペレット状の木の粒。原料は木材のみで添加物は一切加えていない。猫のおしっこを吸収するとペレットからおが屑に形状が変化し、システムトイレの網目によって未使用のウッドペレットとわけることができる。燃えるゴミとしても処理が可能なうえ土に埋めて自然に還すこともでき、環境に配慮された商品だ。
 BPCでは、「ウッドペレットの魅力をより多くの方に届け、更に日本の林業再活性化につなげるため、今後も猫用トイレタリー用品を中心に新商品を順次発表していく」予定だ。

画像:BPC株式会社のプレスリリース-システムトイレ用猫砂『BPC PelleCat(ペレキャット)』(ValuePress!)


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。