アミタ×NECソリューションイノベータ、南三陸で実証開始 分別でポイント付与

廃棄物処理を手がけるアミタとNECソリューションイノベータは宮城県南三陸町で資源循環の実証実験を始めた。実証するのは、住民がごみを分別して指定場所に持ち込むことで、「感謝ポイント」と名付けられたポイントが付与されるというモデルだ。世界中で分別に対してインセンティブを付与するビジネスモデルが現れているが、日本での事例は少ない。この実証を通じて、地域社会の連携強化も目指す。

収集拠点は、町内の福祉施設に設置される。住民がごみを持ち込む際に専用カードかスマートフォンアプリの画面を受付のタブレットにかざすことで、ポイントが付与される。ポイントは同施設のカフェや近隣幼稚園の植樹などに使える。

まずは町内102世帯が参加し、2カ月間実証実験をする。

※写真はイメージ

ゴミ細かく分類するとポイント 南三陸町で実験


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。