テラサイクル、ごみゼロを実現するECサイトオープン

テラサイクルは、大手消費財メーカー各社と共に、世界初となる循環型eコマースショッピングシステム『LoopTM』を世界経済フォーラム(WEF)主催のダボス会議にて発表した。このイニシアチブは、消費者により便利なショッピングプラットフォームを提供しながら、世界中で問題となっている“使い捨て依存”からの脱却を目指し、環境への負担を減らしながら、サーキュラーエコノミー(循環型社会)の実現を推進すべく立ち上がった。

Loopは、従来使い捨てされていた一般消費財容器や食品パッケージを、繰り返し利用が可能な耐久性の高いものに変えることで、使用後に消費者の自宅から収集し、洗浄、補充(リフィル)した上で再利用(リユース)する新たなシステム。メーカーは、各ブランドのパッケージをより高価で優れたデザインを用いて製作することができる他、消費者にとっては、より利便性が高くカスタマイズされた製品を使用しながら、環境に配慮したサステナブルな消費を選択することができる。Loopパッケージは可能な限り再利用(リユース)され、その後は再生利用(リサイクル)される。

Loopがもたらす環境上の利点は、すでにLCA(ライフサイクルアセスメント)において証明されており、2019年春にアメリカ北東部、及びフランスにおいてローンチ予定のLoopパイロット(試験的実施)にて更なる検証が施される。また、2019年から2020年にかけ、世界の主要都市の幾つかでLoopパイロットの拡大展開が予定されており、日本においては2020年に東京での導入が決定している。

※写真はイメージ

【引用サイト】テラサイクル、サステナブル意識の高い大手企業と共に、一般消費財のごみゼロを実現する新しく便利なショッピングプラットフォーム『Loop』を世界経済フォーラムにて発表


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。