GSアライアンス株式会社、古紙を原料とした生分解性プラスチック開発

GSアライアンス株式会社(Green Science Alliance Co., Ltd./環境、エネルギー分野の先端材料を研究開発、製造販売する化学会社/本社:兵庫県川西市 代表取締役社長:森 良平 工学博士)は、古紙、リサイクル紙、古新聞などを原料とした生分解性プラスチックを開発した。紙をベースとして他の全ての構成成分も100%天然由来の生分解性成分とすることにも成功。

同社は100%天然材料のデンプン系生分解性プラスチックも作るなど、石油を一切使用しない生分解性材料を作ることにこだわっており、今回さらに古紙などのリサイクル材料も使用できるようになった。

同社にはセルロースナノファイバーとプラスチックを複合化する技術が既にあり、セルロースナノファイバーもバイオマス由来の生分解性材料であるので、この技術を組み合わせることにより100%バイオマス由来材料、生分解性を維持したまま強度向上なども可能になった。今後はサンプル出荷を進めていき、これらの材料のさらなる機械的強度や耐熱性、寸法安定性などのプラスチックとしての機能の向上などの検討も同時に進めて行く計画だ。また自社のNANO-SAKURAをブランド名とするカトラリーなどの各種成形品にもこのような材料を用いてビジネス展開していく。

※写真はイメージ

【引用サイト】GSアライアンス株式会社が古紙、リサイクル紙、古新聞などを 原料とした100%天然材料の生分解性プラスチックを開発


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。