世界初、海洋プラスチックから作られたペットボトル、コカコーラが発表

海洋プラスチックごみのリサイクルから作られた世界初のペットボトルが、コカ・コーラの主導したあるプロジェクトのおかげで現実のものとなった。

コカ・コーラは、イオニカ・テクノロジーズ(Ioniqa Technologies)、インドラマ・ベンチャーズ(Indorama Ventures)、Mares Circularesと提携し、使用済みペットボトルのごみを集めた。 スペインやポルトガルの海岸で実施された84回のボランティアによる清掃活動と、地中海に面する12の港が協力した。

プレスリリースによると、海洋ごみをリサイクルした再生プラスチックを25%使用した300本のサンプル・ボトルは、「海底から回収した最も質の悪いプラスチックですら、いつの日か新しいペットボトルに生まれ変わることができる」ことを示しているという。

コカ・コーラは、質の低いリサイクル可能なごみを質の高い食べ物または飲み物のパッケージへと生まれ変わらせるこの技術には「大きな可能性がある」と強調している。

わたしたちの海に漂うプラスチックごみは、海洋生物や環境に影響を及ぼすだけでなく、プラスチックごみが増加する地中海からの観光客離れにつながっている。

コカ・コーラの長期的な目標は、2030年までに全てのペットボトルを再生プラスチック50%で作ることだ。

※写真はイメージ

【引用サイト】コカ・コーラ、海洋プラスチックごみをリサイクルした世界初のペットボトルを発表


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。