三菱商事株式会社は1月8日、台湾ポリエステル繊維・PET樹脂製造大手の新光合成繊維股份有限公司(新光)グループで、タイにて飲料ボトル用PET樹脂の製造を展開するThai Shinkong Industry Corporation Ltd.(タイ新光)の第三者割当増資を引受け、出資比率を現行の3.85%から34%へ引き上げることで合意した。

PET樹脂は優れた透明性や光沢性、バリア性といった特徴を持ち、回収・リサイクルシステムが構築されたリサイクル性の高い単一素材。飲料用ボトルや食品用容器、衣料用繊維等幅広い用途に使用されている。世界的な循環型社会への移行要請が高まる中、タイ新光では、モノマテリアル化(単一素材での使用促進)の進展に対応しPET樹脂製造能力の拡張およびリサイクル率向上に向け導入が期待されるケミカルリサイクル技術によるリサイクルPET樹脂の製造を計画している。

新光は台湾民間企業でトップクラスの資産規模を誇る新光グループの中核企業。三菱商事は1967年の新光設立に関与し、三菱商事の石油化学領域におけるコア事業であるPETバリューチェーンにおいて、原料取引、及び製品取引を通じて、現在まで戦略的パートナーとして良好な関係を継続してきた。今回の出資比率引上げに際して、タイ新光へ三菱商事より経営幹部を派遣し、タイ新光の事業経営に貢献すると共に、新光の技術力・知見を活用し、海洋プラスチック問題への対処を加速させる。また、日本市場を中心に市場ニーズの高まるリサイクルPET樹脂を販売することで、三菱商事がサステナビリティ重要課題の一つとして掲げる「持続可能な調達・供給の実現」に関する取組みを強化し、経済価値・社会価値・環境価値の三価値同時実現を目指す。

【引用サイト】

三菱商事、タイの飲料ボトルメーカーの出資比率を引き上げ。海洋プラ問題対策を強化

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。