ドイツの化学部門の有名なBASFとデジタル技術とセキュリティ中心に開発しているSecurity Mattersは、プラスチックの循環型経済の権利義務のある共同開発に了承し、技術の再生品を目指すことにしました。プラスチックのきちんとした回収や再開発が出来れば、循環型経済の成長になります。共同開発は経済成長の1歩に繋がります。

再開発の方法としては人々が期待している廃棄物を捨てないで利用出来るもの、世の中に知れ渡っているペットボトルの再開発があります。しかし再開発のプラスチックは細かい分子の分解や残った不純物により、新しいものに比べると見た目も中身も劣っています。また再開発の設備を整えるためには、高額な費用もかかり大変で世界ではまだ殆どの国で環境が整っていないのが現状です。

BASFとSecurity Mattersはこれらの問題を解決する方法を探しています。Security Mattersが行っている技術により、物を作り売る工程におけるプラスチックの追跡や廃棄物から作るプラスチックの分別して回収する際情報を知ることが出来ます。情報を知ることが出来れば、再開発が出来る環境が整い継続していく要求も照明することが出来るようになります。
Security Mattersが示すものは、プラスチック技術でも壊れないバーコードを作り、2台の機械に接続するものです。このバーコードを配布するにはプラスチックの見た目やよさの調整はいらず再開発にしても十分実現することが出来ます。またバーコードを通して1つの機械で読み取ることも2台の機械に接続することも多くの情報を認識させることも出来ます。プラスチックの不純物や規制に対する知識、プラスチックの強みや弱みなど経験を要します。

これらにより市民の生活から取り入れるリサイクルを見えるやり方で行うことでプラスチックの循環型経済の持続をしながら科学の環境開発も目指すことが出来ます。

これからはBASFとSecurity Mattersの研究開発の能力と持っている情報を一緒に力を合わせながら目指す予定です。「プラスチックの価値や生産性を高くし個人や法人のお客に再開発を利用した提案も出来るようになる」とBASFの社員は話します。

今回の了承はプラスチックにおいてデジタル技術の新しい発展を見い出す具体例となります。プラスチックの循環型経済が高まることを期待しています。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。