畜産・酪農業では農家数の減少に伴う人手不足と1農家あたりの飼育頭数の増加への対策のために省力化や、糞尿の悪臭対策や処理への対処が課題となっている。畜産・酪農家ではバイオガスプラントの導入による糞尿処理の課題解決に期待があるものの、導入コストの高さが原因で利用を見送る傾向がある。また、収入拡大のために飼育頭数を増やし、飼養管理以外の省力化を希望する声が大きくなっている。

この状況を受けて東日本電信電話株式会社東日本とバイオマスリサーチは共同出資による株式会社ビオストックを2020年7月1日に設立する方針を立てた。ビオストックは畜産・酪農業をICTに対応したバイオガスプラント等の次世代畜産・酪農施設の活用と、IoTやAIを活用するデータ駆動型の畜産・酪農関連ソリューションの提供により省力化と効率化を目指す。本社は北海道帯広市に置き、資本金を1億円として両社が株主として運営する予定だ。

ビオストックではNTTグループのICT技術とバイオマスリサーチの小規模バイオガスプラントの設計技術を組み合わせることで、バイオガスプラントの設置と運営を行う。畜産・酪農家が初期コストをかけずに月額利用料金の支払いによって利用できるサービスを提供することを想定しており、本ビジネスモデルの特許を出願している。

また、IoTとAIの活用による遠隔操作での環境制御や環境・飼育データの分析を可能にするシステムを構築し、パートナー企業の協力を得て畜産・酪農家に提供する。バイオガスプラントの運営で生じた消化液は有機肥料として使用し、メタンガスや余剰熱は再生可能エネルギーとしての活用をする方針だ。

余剰熱をNTTアグリテクノロジーの大規模園芸施設で活用する研究も進めている。バイオマスリサーチがバイオガスプラントの調査や導入支援をしている自治体やJA、畜産農家を中心に施設の提供・運営やソリューションの提供を行い、さらに地域企業も含めて地域循環型エコシステムの構築に乗り出す。

このようなデジタルトランスフォーメーションを推進し、持続可能な畜産・酪農業の実現を目指している。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。