家電リサイクル法によって家電を販売する小売業者は販売した対象家電四品目を回収して製造業者等へ引き渡す義務を負っている。

そのために収集運搬の許可を持つ収集運搬業者との契約が必要なのが小売業者にとって大きな負担になっている。

この課題を解決し、循環型物流を実現するため、SGホールディングスグループのSGムービング株式会社では家電リサイクル回収のマッチングプラットフォーム「SG-ARK」の提供を開始した。

本システムは小売業者と回収を請け負う収集運搬業者を直接マッチングさせるのが特徴で、大型家具化全の設置輸送サービスと家電リサイクルを効率化することも目指している。

「SG-ARK」では収集運搬業者が料金を提示して登録していて、小売業者が選択してリクエストを出せる仕組みになっている。

オンラインでの電子契約によるペーパーレスの取引で、家電リサイクル券も同システム上で交付・管理・保存等が可能だ。

「SG-ARK」は小売業者とエンドユーザーの利便性を図りつつ、収集運搬義務の適正化と循環型社会の実現に貢献するシステムとして期待されている。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。