食品残渣の液体肥料化へ、セブン&アイが研究に着手

セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区、村田紀敏社長)は、化学メーカーのクラレ、東京農業大学、東北大学などと連携し、店舗から出る食品残渣の液体肥料化、液体肥料の野菜栽培への活用など、新たな食品リサイクルループの実現に向けた研究に着手する。

地球規模での人口増加や異常気象などによる食糧問題が顕在化するなか、同社グループでは、適正な品ぞろえを支える高度な情報システムの開発や、安全性と美味しさを兼ね備えた長鮮度商品の開発など、食品残渣を減らす様々な取り組みを行ってきた。また、重要テーマとして「食品リサイクル率の向上」を掲げ、食品残渣の飼料化、堆肥化、環境循環型農業「セブンファーム」への取り組みに力を入れている。

今回の研究への着手は、次世代型食品リサイクルループの実現をめざした取り組み。2015年2月より、セブンイレブン十数店舗へクラレなどと開発したオリジナル仕様の小型生ごみ処理機を設置。食品残渣液体化の運用検証を進める。同時に、東北大学との連携により、分解液の液体肥料化と、その活用に関する研究も開始する予定だ。

コンビニエンスストアへの生ごみ処理機の設置、独自スキームによる食品残渣の液体肥料化への取り組みは、国内小売業では初となる。

seven


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。