ケミカルリサイクルによる発泡トレーの完全循環に向け、エフピコとDICが協業を検討

 株式会社エフピコ(以下エフピコ)は、プラスチック食品包装容器の素材であるポリスチレンのマテリアルリサイクルの実現を目指してDIC株式会社(以下DIC)との協業を検討している。一般家庭から排出される使用済みの発泡ポリスチレン食器容器をスーパーなどの店舗(約9,6000拠点)で回収し、白色のものは再度エコトレーへ、色柄付きのものはハンガーなどの日用雑貨品としての再生利用を積極的に推進している。

 DICと協業を検討するのは、従来からのマテリアルリサイクルに加えてケミカルリサイクルの技術を活用するためだ。色柄付きの発泡ポリスチレン容器をリサイイクルスチレンモノマーにに再生したものから、DICでポリスチレンを生産し、エフピコでエコトレーなどへの製品利用を検討している。使用済みプラスチックの有効活用と食品包装容器のライフサイクルにおけるCO2排出量の削減への貢献を目指す。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。