大日本印刷、デザイナーとの共創プロジェクトで再生材の可能性広げる

 大日本印刷は2020年から、プラスチック包装のリサイクル促進を目的とし、デザインの力で再生材の用途を拡大することを目指したデザイナーとの共創プロジェクト「Recycling Meets Design Project」を開始している。

日本ではプラスチックのリサイクル過程で品質が低下し再生材の用途が限定されるという課題がある。同社はパッケージをはじめ様々なデザインを手掛けるGTDI,GKグラフィックスと共同で同プロジェクトを立ち上げた。「デザインの力」で付加価値を向上させると同時に、再生材の用途を広げていくアイデアを生み出すことを目的としている。現在、賛同するデザイン会社や、アドバイザーとして廃カーペットや廃漁網のリサイクルを手掛けるリファインバースなど全9社で取り組んでいる。

参加するデザイナーの視点と、プラスチックに関する基礎知識や国内外の状況などの情報を収集・分析し、両者を掛け合わせることにより再生材の可能性を広げていくアイデアを生み出しているという。同社は2月24〜26日に東京ビッグサイトで開催された「TOKYO PACK 2021(2021東京国際包装展)」に出典すると同時に自社ウェブサイトに同プロジェクトの紹介をオンラインセミナー形式で配信する。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。