DIC×大手製パンメーカー、脱インキ技術の実装により軟包装フィルムを再資源化の検討を開始

DICは大手製パンメーカーと共同で、パン包装に使用するプラスチック軟包材の高度な再生資源化に向けて、脱インキ技術のマテリアルリサイクルプラントへの導入などの検証を開始すると発表した。

プラスチックごみが世界的な社会課題である中で、軟包装フィルムは、包装材としての機能を満たすため印刷インキや接着剤、複層構造で成形されるためリサイクル後の用途が限定される。DICグループは、食品包装などのパッケージ素材は、ポリスチレン・フィルム・インキ・接着剤などの素材がプラスチックのマテリアルリサイクル特性に及ぼす基礎的な研究を行い、地球環境のサステナビリティに貢献するパッケージソリューションの提供を目指している。

画像:プレスリリースより引用

今回、加工や印刷工程で発生する廃棄軟包装フィルムを対象に、新たに導入する印刷インキ除去技術を用いて、着色されていないリサイクルペレットに戻す資源化検証を大手製パンメーカーと共同で開始する。

プラント検証はプラスチックのリサイクルを手掛けている外部協業パートナーと、実際のプラントの再生行程に脱インキ技術を実装し、脱インキ・原料化(リペレット)・成形加工・再利用の各工程での最適化に取り組む。再資源化については、株式会社エフピコとのケミカルリサイクルの協業も検討を開始しているそうだ。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。