廃棄物発電をごみ収集EVトラックへ

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)、日立造船(大阪府大阪市)、日鉄エンジニアリング(東京都品川区)、明電舎(東京都品川区)の4社は12月15日、「EVパッカー及び電池交換ステーション普及協議会」を共同で設立した。このプロジェクトは廃棄物発電で得られた電気を利用したEVパッカー(ごみ収集を行う電気自動車)と電池交換ステーションを活用し、「エネルギー循環型ごみ収集システム(ZeroE)」の普及・促進を行うことを目的として設立された。

このシステムでは、一般廃棄物処理分野全体でのCO2排出量削減を目的としている。焼却施設において発電される廃棄物発電を敷地内の電池ステーションで蓄電池を充電し、その蓄電池をEVパッカーに搭載するエネルギー循環システムの構築を目指している。蓄電池の交換は短時間で行えるため、作業効率にも影響を与えない。加えて、EV化することにより温室効果ガスや有害排気ガスの削減、静音走行、災害時の非常用電力としての活用が期待される。収集車量は日産自動車(神奈川県横浜市)がベース車両、極東開発工業(兵庫県西宮市)が架装部の開発で連携している。

エネルギー循環型ごみ収集システム(ZeroE)は2015年に川崎市とJFEエンジニアリングの共同で実証実験が開始され、2018年、JFEエンジニアリングは日本初の電池交換型EVごみ収集システムを川崎市から受注、川崎市浮島処理センター内に電池ステーションを設置した。

同協議会には上記4社の他、ごみ取集車などを製造・販売する特装車メーカーの極東開発工業(兵庫県西宮市)、商用車メーカーのいすゞ自動車(東京都品川区)も協賛企業として参画する予定だ。

このシステムの市場への普及を通した、CO2排出量の削減と再生可能エネルギーの最大限の活用が期待される。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。