「温泉熱をプラント熱源に」苫小牧のスマートアグリプラント

JFEエンジニアリング(本社:東京都千代田区、狩野久宣社長)は、北海道苫小牧市のスマートアグリプラントを拡張することを決定。プラントの熱源として、新たに温泉熱を利用するため、温泉の掘削を開始した。 

同社では、苫小牧市にガスエンジンによるトリジェネレーションシステムを備えたスマートアグリプラント(第一工場、第二工場/計1.5ha)を建設。2014年8月より、グループ会社のJファーム苫小牧(本社:北海道苫小牧市、木村康一社長)がトマトとベビーリーフの生産を行い、北海道内のスーパーマーケット等で販売している。

今回は、栽培品種の多様化と多様な熱源をプラントで利用する実証を行うため、第三工場(1.0ha)を増設する。第三工場では、現在同社が横浜本社内の試験温室で開発中の高糖度トマト『スマートルビー』をはじめとする高付加価値品種の栽培・出荷を行う。本年11月末までに工場を完成し、栽培を開始する予定だ。

苫小牧のスマートアグリプラントで利用する熱源の実証については、既にガスエンジンによる排熱利用を行っており、2月中旬からのバイオマスボイラーによる熱源利用の準備を進めている。さらに、新たに温泉熱利用の実証を行い、プラントを立地する地域で、最も入手しやすく経済的な熱源を活用したプラントモデルの確立を図る。

温泉熱利用の経済効果については、従来の温風暖房機などによる熱供給と比較し、約50%のコストを削減することを見込んでいる。

拡張計画図
1

温泉掘削用のやぐら
2


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。