第76回 バイオマスサロン開催

一般社団法人日本有機資源協会(JORA)は、3月3日、馬事畜産会館(東京都中央区)で第76回バイオマスサロンを開催する。

日本有機資源協会(会長:兒玉徹 東京大学名誉教授)は、有機性資源(バイオマス)を総合的に有効利用することで、持続可能な循環社会の構築と環境保全に寄与することを目的に、農林水産省、環境省を主務官庁として、平成14年3月に社団法人として発足。平成24年4月1日より「一般社団法人日本有機資源協会」に移行し名称を変更した。地域のバイオマスタウン構想の策定に対する支援、バイオマスマーク商品の普及・啓発、技術委員会における技術的な課題の検討、バイオマスサロンの開催、各種展示会の出展などを行い、広く関係情報の発信に努めている。

 バイオマスサロンは、同協会会員をはじめ、関係者が一堂に会し、バイオマス活用に関して効果的な情報交換、有用な知見の習得等を行う場として開催してきた。第76回目となる今回は、農林水産省、経済産業省、国土交通省及び環境省から講師を招き、担当分野の最新動向についての講演を予定。その後、意見交換・交流会を予定している。

バイオマスサロンの開催
3


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。