ZEエナジー ÖkoFENオコフェン社製ペレットボイラー独占販売

 2000kW以下の「コンパクトバイオマス発電装置」を手掛けるZEエナジー(東京都港区、松下康平社長)は、7月29日、欧州におけるペレットボイラーのリーディングカンパニーであるÖkoFEN Forschungs- und Entwicklungsges.m.b.H.(オーストリア、CEO:Stefan Ortner、以下ÖkoFEN社)と日本国内におけるÖkoFEN社製ペレットボイラーの独占販売に関する基本合意書を締結したと発表した。

 ÖkoFEN社は欧州におけるペレットボイラーのパイオニアで、オーストリアを中心に欧州に留まらず、アメリカでも事業を展開している。今回、ZEエナジーのバイオマス技術と、環境問題への取り組みを重視する事業理念が高く評価され、ÖkoFEN社初のアジア進出のパートナーとして、基本合意書の締結に至った。

 ZEエナジーでは、事業展開の第一段階として、自社が全国展開する農業用ハウスの熱源として導入する予定。また、自治体や病院向け非常用発電システムとして40フィートコンテナタイプの移動型モデルを製造・販売、ハウスメーカーと共同で建売住宅に家庭用冷暖房型ボイラー発電システムとして導入し、電気消費量を大幅に削減するエコハウスの推進を計画している。冷暖房対応型のモデルは日本独自のもので、世界でも珍しい事例となる。

 今後は、日本での販売を足がかりとしてアジア全域での販売体制を強化し、事業展開を図っていく方針だ。

ss 2015-08-23 16.50.04


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。