バイオ燃料用酵素の世界市場および技術 調査レポート販売開始

グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「バイオ燃料用酵素の世界市場および技術」(BCC Research発行)の販売を11月19日より開始いたした。
世界のバイオ燃料用酵素収益は、2014年に総額6億2300万米ドルとなり、今後は10.4%のCAGRで推移すると見られ、2015年に6億5210万米ドル、2020年までに10億米ドルに達すると予測されている。
同レポートでは、バイオ燃料用酵素の技術および市場の動向について調査分析し、バイオ燃料用酵素の主な種類と概要、酵素区分別のメリット・デメリット、酵素区分・エンドユーザー産業・地域別の売上予測、市場影響因子の分析、新技術とその用途、関連法規制、特許データ、主要企業の市場シェア、戦略、主要企業のプロファイルなどをまとめている。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。