第1回 国際バイオマス発電展 開催

日本最大の国際見本市主催会社として数々の展示会や見本市を手がけてきたリード エグジビジョン ジャパン(東京都新宿区、石積忠夫社長)は、2016年3月2日~4日、東京ビッグサイトで「第1回 国際バイオマス発電展」を開催する。
 太陽光・風力発電に次ぐ再生可能エネルギーとして近年注目されているバイオマス発電。同展示会は、バイオマス発電に関連する、あらゆる装置・技術・サービスが一堂に集まる、業界待望の専門展だ。
 期間中、技術セミナーが行われるほか、太陽光発電システムや風力発電、二次電池、スマートグリッドなど関連8展が同時開催。合計1,430社が出展する。
 バイオマス発電に特化した、日本唯一の商談展として、注目が集まる。
 同展示会を主催するリード エグジビジョン ジャパンは、東京ビッグサイト・幕張メッセ・インテックス大阪などの大規模展示会場にて、宝飾、メガネ、出版、エレクトロニクス、エネルギー、IT、医薬・バイオなど様々な業界に渡り、現在年間40分野 142本の国際的な展示会を定期開催している。


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。