プラスチックごみ削減に向けた各国の動向

 プラスチックごみの削減は、世界中で共通の課題である。米国の海洋保護センターの2017年の報告によると、中国、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムから海に流れ込むごみの量は、その他の国から出る排出量を上回っているという。

 しかし、これはアジアに限った問題ではない。プラスチックごみは、世界中に打撃を与えている。アメリカは、年間3,360万トンのプラスチックごみを排出しているが、そのうちわずか9.5%しかリサイクルされていない。しかし、全く解決策がないという訳ではない。できる限りプラスチックごみを削減しようとする動きは、確実に広がりを見せている。いくつか例を見てみよう。

1、ペットボトルの使用量を減らす
 スウェーデンのスタートアップ“Bluewater” は、家庭やオフィス、イベント会場などで使用できるシンプルな浄水器を開発した。「我々は、ペットボトルの飲料水が無くても、持続可能に飲み水を供給できる環境を整えたい。最終目標は、どこでも美味しい水が飲めるようになることだ。」BluewaterのCEOであるAndres Jacobson氏は話す。
【Bluewater】

 一日あたり520万本のペットボトルが消費される香港でも、同様の試みが始まった。香港のランドマークであるマンダリンホテルでは、“Nordaq社”のフィルターで殺菌された飲料水が無料で提供されている。ホテルのゼネラルマネージャーであるArchie Keswick氏は、「この試みで、サステイナビリティーとラグジュアリーが共存できるということを示して行きたい。」と語る。
【Nordaq】

2、使い捨て食器の使用をやめる
 アジア各地で見られるフードデリバリーサービスも、プラスチックごみが排出される原因の一つである。香港のスタートアップである“Kommon Goods”は、この問題に対処するため、企業やホテルに環境にやさしい食器の提供を開始した。同社がリリースした食器は、竹でつくられた箸やナイフやフォーク、洗浄用スティックが付属された金属製のストローなどである。
 「アジアでは、利便性が何よりも優先されている。しかし、その考え方を見直す時が来たのだ。」同社のAlvin Li氏は話す。「海に流れ出しているプラスチックごみは年間何百万トンにも昇るが、その多くが使い捨て食器だ。この状況が続けば、2050年には海のごみの量が魚の総量を超えるというデータもある。」Li氏は続けた。

3、レジ袋の使用をやめる
 レジ袋は、安価で便利であるが、生分解されずに海を汚している。台湾政府は、2030年までにレジ袋、カップ、ストローなどの使い捨てプラスチック容器を完全撤廃するという政策を打ち出した。台湾では、すでにスーパーやコンビニでの無料レジ袋の提供が禁止されている。
【関連記事】「台湾 使い捨てプラスチックを2030年までに廃止」
 
 一方で、中国やベトナム、タイなどでは、食べ物や飲み物を直接ビニール袋に入れて持ち運ぶ姿が日常的に見られる。人々の習慣を変えるのは時間がかかるが、自主的にこの問題を解決しようと取り組む人も現れている。買い物にはエコバッグを持参する、屋台で食事をする際は、食器を持参するといった動きも見られる。

写真は参照サイトより引用

【参照サイト】https://forbesjapan.com/articles/detail/20773
 


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。