循環型経済に向けたEU初のプラスチック戦略

EUが、循環型経済への転換に向けて本格的に動き出した。行政執行機関である欧州委員会は、EU域内で使用されるプラスチック容器/包装材を、2030年までにすべてリユース/リサイクル可能にすることで、プラスチックごみの削減を目指す「プラスチック戦略」を採択した。

 2018年1月16日に欧州委員会が採択したEU初の「プラスチック戦略」は、2030年までにすべてのプラスチック容器/包装材をリユース/リサイクル可能なものにすることに加え、化粧品や合成繊維に使われるマイクロプラスチック(原則粒度5mm以下の微小プラスチック)の使用を制限することを目指す。この新たな戦略の下でEUは次のゴールを実現する。

・プラスチックのリサイクルが企業にとって利益となることを保証する
・プラスチックの廃棄を抑制する
・プラスチックごみの海洋投棄を阻止する
・問題解決に向けた投資とイノベーションを促進する
・世界各地で同様の変革を促進する

 具体的な取り組みとしては、プラスチック包装材に関する新たな規制を整備し、EU市場でのリサイクルプラスチックへの需要を引き上げ、積極的にリサイクル材を導入できる環境を整えていく。そのためにも、質と価格という観点からリサイクルプラスチックの価値を改善することは必要不可欠である。この戦略の下では、プラスチックのリサイクル設備を充実させ、欧州全域でプラスチックごみの分別と回収システムを標準化することで、プラスチック産業におけるリサイクルプラスチックの価値を高めていく予定である。 EUのプラスチック産業はおよそ150万人の人々が従事し、2015年には年間3,400億ユーロを売り上げた巨大な産業である。2030年には、プラスチック戦略により構築される新たなリサイクル産業により約20万人の雇用が生まれる見通しである。プラスチック戦略は、環境保護を促進するだけでなく、EUの経済成長にもつながる政策なのである。

 国際レベルで問題になっているプラスチックごみに対し、EUは域外でも世界中のパートナー諸国と協力して、グローバルな視点での課題解決と国際標準の構築を進めている。EUが主導した2017年10月の第4回「Our Ocean」サミットでは、112カ国の公共・民間セクターが70億ユーロ以上をかけて、より健全かつ安全な海洋の管理に取り組み、ブルーエコノミー※1 の実現を目指すことを取り決めた。続く同年12月の第3回国連環境総会において、EUは海洋ごみ問題への取り組みやバイオプラスチック(植物や動物など生物に由来する再生可能なプラスチック)の開発に対して、国際的に関与していくことを担保した。

※写真は参照サイトより引用

【参照サイト】http://eumag.jp/issues/c0418/


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。