NZオークランド、ゼロウェイスト宣言

 ニュージーランド最大の都市オークランドが、2040年までにゼロウェイストを目指すと宣言した。まずは製造プロセスの管理や一般家庭ごみの収集運搬、不法投棄問題などに取り組む姿勢だ。

 計画のアウトラインとして、9つの優先事項が打ち出されている。

1. 廃棄物徴収税の増税を中央政府に提言
2. 製造管理者・受託者責任の提言
3. 3つの主な商業廃棄物(建設・解体の際に出るごみ、有機ごみ、プラスチックごみ)に対処し、行政サービス提供者ではなく商業廃棄物に対処するファシリテーターおよびパートナーとしての評議員の役割を強調
4. 資源リカバリーネットワークの構築を継続
5. 一貫したごみ収集及びリサイクルサービスの移行を継続
6. 国内食品廃棄物の収集と配送
7. 廃棄物の対処を市営から民営化
8. ゼロウェイストシティオークランド実現のためのパートナーシップ
9. 不法投棄、海洋ごみ問題への対処

この計画は今後6年間の議会の作業計画の基礎となるものだ。

※写真はニュージーランドのオークランド

【参照サイト】https://ourauckland.aucklandcouncil.govt.nz/articles/news/2018/6/waste-plan-a-step-closer-to-a-zero-waste-auckland/


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。