英CiTiPark社 プラスチックボトルで駐車料金支払い

イギリスの駐車場運営のリーディングカンパニーCiTiPark社は、環境保護に積極的だ。具体的な環境保護施策の実施に加えて、エネルギー、環境汚染、廃棄物といった課題に貢献する持続可能なテクノロジーへの投資も行っている。

そんな環境未来志向な企業が、革新的で新しいプラスチックボトルリサイクルシステムを打ち出した。メリオンセンターにあるCiTiParkの駐車場の利用者はプラスチックボトルを持ち込むことで駐車料金を支払うことができるのだ。持ち込まれたプラスチックボトルは、衣服や玩具、椅子などといったものに生まれ変わる。このシステムは10月の1ヶ月間試験的に実施された。

代表のCharlotte-Daisy Ziff氏は、「我々は皆次世代のために環境の保全と改善をしていかなければならない。今回のプロモーションは、顧客にディスカウントを提供すると同時に、環境保護にも貢献できる、ウィンウィンの仕組みなんだ。できる限り多くの人が参加してくれると嬉しい。」と語った。

※写真はイメージ

CitiPark launches plastic bottle recycling initiative at flagship car


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。