伊藤忠 パイナップルでバイオガス発電

伊藤忠商事株式会社は、グループ会社である「ドール・フィリピン(Dole Philippines Inc.( Dolefil) )」が、フィリピンでパイナップル残渣を活用したバイオガス発電への取組を開始する事を発表した。

この取組は、フィリピンで電力・水道・病院・高速道路などを運営する大手企業グループであるMetro Pacificグループと協力して実施されるものである。具体的には、Dole商品の製造過程で生じるパイナップル残渣をバイオガスの原料としてドール・フィリピンからMetro Pacificグループ傘下の「Surallah Biogas Venture Corp.(SBVC)」に供給し、SBVC社がバイオガス発電設備を建設して2020年の操業開始以降ガスと電力を固定価格でドール・フィリピンに16年間に渡り供給するスキームとなっている。この契約は、16年間の長期エネルギー売買契約となる。

ドール・フィリピンが工場を有するミンダナオ島では、電気料金が高騰しており経営課題の一つとなっているが、この取組が実現すれば電気料金高騰への解決にも寄与することが期待される。伊藤忠では、この取組を通じて再生可能エネルギーの活用を通じた環境負荷の低減とドール・フィリピンの電力コスト削減を図っていく方針である。

※写真はイメージ

伊藤忠はフィリピンでパイナップル残渣を活用したバイオガス発電


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。