インド バイオマスコジェネレーションを推進

アジアバイオマス協力推進に関する情報を発信する「アジアバイオマスオフィス」によると、インドでは、エネルギー消費の削減をめざし、バイオマスを燃料として発電と熱利用を同時に行うバイオマスコジェネレーションの推進に力を入れている。

インドの第11次5か年国家計画(2007~2012年)では、バガス(サトウキビの搾りかす)によるコジェネレーションの導入目標は1.2GWであったが、最終年度の2012年度に目標を1.4%超過して達成、2013年における累積導入量は2.3GWとなった。
インドの産業用エネルギー需要の18%を占めるバイオマスと廃棄物のうち、廃棄物としてバガスが含まれており、バイオマスコジェネレーションは製糖産業での導入が盛んだ。

続く第12次5か年計画(2012~2017年)では、バガスによるコジェネレーションの導入目標は2.0GW。バガス以外のバイオマスによるコジェネレーションのポテンシャルも9GWあるとされているが、現在は利用が進んでいない。新・再生可能エネルギー省では、自家用バイオマスコジェネレーションに対し補助金による導入支援を行い、普及促進をはかっている。また、州によっては独自の固定価格買取制度や、電力会社に対する買取義務を定めているところもあり、これらの制度を利用し、バガスに限らずバイオマスによるコジェネレーションの導入の加速を促している。

インドにおける産業用エネルギー需要(2011年度) The IEA CHP and DHC Collaborative レポート http://www.iea.org/publications/insights/insightpublications/iea_chp_indiascorecard.pdf

インドにおける産業用エネルギー需要(2011年度)
The IEA CHP and DHC Collaborative レポート
http://www.iea.org/publications/insights/insightpublications/iea_chp_indiascorecard.pdf


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。