【海外メディア】ベトナムで大手9社がパッケージ・リサイクル・オーガニゼーションを立ち上げ

ベトナムの消費財のリーディングカンパニー9社がパッケージ・リサイクル・オーガニゼーション・ベトナム(PROV)を組織した。パッケージを持続可能かつ実現可能な方法でリサイクルすることでサーキュラーエコノミーを形成し、クリーン・グーリンな社会の実現を目指す。競合する企業が環境を改善するために同盟を組むことはベトナムでは初めてのことである。

9社は、Coca-Cola社、FrieslandCampina社、La Vie社、Nestlé社、NutiFood社、Suntory PepsiCo社、Tetra Pak社、TH Group社、URC社である。

連盟の取り組みは以下4つの柱からなる。
1. 消費者の分別、リサイクルに対する意識を向上させる
2. パッケージの回収システムを強化する
3. 処理業者のリサイクルプロジェクトを支援する
4. 3Rの促進に向けて政府と協業する

これらの取り組みは、雇用の創出や新しいビジネス機会も生み出し、人々の生活水準の改善にも貢献できると見込んでいる。

また、研究機関などとも手を組み、環境にとって最適なソリューションを導き出すための調査事業にも注力するという。

PROVの初代チェアマンであるPhạm Phú Ngọc Trai氏は、組織は目標達成に向けて団結していると語っている。
「2030年までには、同盟企業が市場に流通させた全てのパッケージを回収し、リサイクルする。」と同氏は話す。

ベトナムは、世界で5番目に多く海洋プラスチックを排出している国だと指摘されている。
一方で、近年までベトナムは大量の廃プラスチックを輸入して、国内のリサイクル業者への供給原料としていた。しかし中国の廃プラ輸入禁止などもあり、輸入量は増大し、国内産業を逼迫している。

従って、国内で回収システムを整備し、自国内でのリサイクル率を向上させることは、ベトナムには必要不可欠なのである。

※写真はイメージ

【引用サイト】9 companies launch Packaging Recycling Organisation Vietnam


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。