ドイツBASF、セキュリティ・マターズと協力しプラスチックの循環性改善を目指す

ドイツの総合化学会社BASFとセキュリティ・マターズ社は共同でプラスチックの循環性とトレーサビリティの向上を目標とした開発事業を行う契約に調印した。この合意によってプラスチックのリユースが進み、循環型社会に向けた大きな一歩になると見られている。

これまでのプラスチック・リサイクルは設備に多大な費用がかかり、製品の品質も新品に比べ大きく劣ることが問題であった。途上国を含む世界各国でリサイクル施設が充実しない理由のひとつにもなっている。しかし、リサイクルを望む声は大きく問題解決が求められていた。

BASFとセキュリティ・マスターズ社の今回の合意には、こういったプラスチック・リサイクルの諸問題が背景にある。新たな技術開発によりプラスチックの生産・流通に関する経路のトレースと廃プラの回収に関する情報収集が可能になるため、プラスチックのリサイクル率向上が見込める。

問題解消の核となる技術はセキュリティ・マスターズ社が提供するプラスチックに付与する「化学バーコード」だ。生産からリサイクルに至る様々な過程を経ても機能が失われず、プラスチック製品の品質に影響を及ぼすこともない。デジタルツインを活用した情報のスキャンにも対応している。プラスチックの製造技術や流通、法規制に関するノウハウはBASFから提供される。

プラスチック製品の生産から廃棄・リサイクルまでの流れが可視化できれば、持続可能なプラスチック・リサイクルシステムが構築可能になる。

BASFの関係者は今後の予定について「リサイクル材料を用いた添加物の提供をとおして、原材料や資源を取り扱う企業の製品価値や生産性を向上できる」と話している。

この共同開発はデジタルテクノロジー活用の新たな一歩である。プラスチック・ライフサイクルの向上が新技術活用の指針となることを期待する。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。