Henkel AG & Co. KGaA(ヘンケル社)はドイツに本拠を置く消費財のグローバル企業であり、2025年までに自然環境への廃プラスチック廃棄をなくす目標を掲げてサステナビリティの実現に向けて取り組んでいる。

大手消費財メーカーとして生活用品等の供給に必要とされるプラスチックの環境負荷に着目し、リサイクル性の向上のために包装材を100%再利用できるものに変更すること、環境負荷の少ない素材の利用推進を目的として石油由来のプラスチックの利用を半分まで低減することも同年までの達成を目指している。

第一生命保険、第一フロンティア生命保険はヘンケル社の廃プラスチック削減事業を支援するため、ヘンケル社を含む3社で発行を検討してきた廃プラスチック削減債を約74億円で全額購入した。

廃プラスチック削減債は資金の使途を廃プラスチック削減に限定した世界初の社債である。第一生命と第一フロンティア生命は本投資をきっかけとして持続可能な社会の実現に向けた廃プラスチック削減の取り組みが活発に行われることを期待している。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。