豊田通商アメリカとオルター社、アルミリサイクルを推進へ合同企業始動

豊田通商の海外子会社である豊田通商アメリカと、Alter Trading Corporation(以下オルター社)が提携し設立したアルミリサイクル事業会社Altech Recycling LLC(以下アルテック・リサイクリング社)が、9月に米国にて稼働を開始した。アルミリサイクルを推進し、アルミ市場における川上事業からアルミヴァリューチェーンを強化したい考えだ。

カーボンニュートラル実現へ向け、電気自動車などの需要が高まる中、車体の軽量化などを目的にアルミの需要も高まっている。一方で、加工などの際に出るアルミスクラップも同時に増加しており、環境負荷軽減の為にもアルミスクラップの再資源化や高品質化が求められる。
今後アルミ二次合金の需要は高まるとみられているが、アルミスクラップの輸出大国である米国では、昨今強化されている輸入国の規制に適応する為にも、高品質化や国内での再資源化による有効活用が求められる。

アルテック・リサイクリング社では、オルター社をはじめとしたシュレッダー事業者からミックスメタルを回収・選別・加工を行い、「Twitch(トウィッチ)」と呼ばれる高品質なアルミスクラップを生産し、米国内外へ販売する。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。